校正サービス|株式会社センサスヤマモト

お近くの営業所へお電話する

商品のお問い合わせからお取引き、
校正サービスなど貴社の課題やお悩みに
合わせて
ご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。

校正サービス

圧力計や温度計の校正証明書の発行が可能です

JCSS校正

JCSS校正について

jcss-mark2

当社は、認定基準としてISO/IEC 17025(JIS Q 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。
JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋認定協力機構(APAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。
当社校正室は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。JCSS 0318 は、当校正室の認定番号です。

JCSS登録証と認定証

クリックすると拡大表示されます

JCSSシンボル付きの校正証明書は、校正された計量器における計量計測のトレーサビリティが最も確実かつ合理的に実現する方法となります。

当社の校正室は、NITE(独立行政法人 製品評価技術基盤機構)の審査を受け、「校正事業者登録制度」に基づき、JCSS登録事業者として登録されています。さらに、NITE認定センター(IA Japan)との契約により、「ILAC-MRA付きJCSS認定シンボル」の付いた校正証明書を発行することができます。

この「ILAC-MRA付きJCSS認定シンボル」により、日本国内だけでなく、IA Japanが相互承認を行っている国々でも通用する国際的な校正証明書を発行しています。

クリックすると拡大表示されます

JCSS校正範囲

校正対象機器 圧力媒体と対象機器の最高圧力
機械式圧力計 液体 2.5 MPa 以上
ゲージ圧力 50 MPa 以下
デジタル圧力計 液体 2.5 MPa 以上
ゲージ圧力 50 MPa 以下
機械式圧力計 液体 30 kPa 以上
ゲージ圧力 2000 kPa 以下
デジタル圧力計 液体 50 kPa 以上
ゲージ圧力 2000 kPa 以下

一般校正

一般校正について

当社では、JCSS登録認証以前から長い間、一般校正サービスを提供してきました。一般校正は、ISO 9001に基づいた品質管理システムによって運営されています。

校正方法は、JCSS校正された標準器を使用し、圧力計などの器差の読み取りを行います。また、「検査成績表(TEST REPORT)」の他に、「検査証明書」、「標準器の校正証明書の写し」、「トレーサビリティ体系図」などの書類を発行します。

一般校正の対象となるのは、機械式圧力計やデジタル圧力計、圧力スイッチ(検査成績表のみ)、圧力トランスミッタなどの電流および電圧出力値、または温度計です。

※対象機器の仕様によっては、サービス対象外となる場合もございます。

一般校正室の標準器

圧力標準器
機種名 圧力レンジ メーカー機器名 標準器の証明書
MT300 0~700 kPa abs
(絶対圧)
横河電機
デジタル圧力計
標準器は
JCSS校正されています
MT210 1 kPa差圧 横河電機
デジタル圧力計
PACE1000 -100 kPa~100 kPa GEセンシング
デジタル圧力計
MT210 -80 kPa~130 kPa 横河電機
デジタル圧力計
PACE5000 -0.1 MPa~2 MPa ベーカー・ヒューズ
デジタル圧力計
MT210 -80 kPa~3000 kPa 横河電機
デジタル圧力計
PD13 ~1 MPa 長野計器
重錘型圧力天びん
PD13 ~3 MPa 長野計器
重錘型圧力天びん
PD22 ~10 MPa 長野計器
重錘型圧力天びん
P2 ~20 MPa 長野計器
重錘型圧力天びん
PD51 ~50 MPa 長野計器
重錘型圧力天びん
T3 ~50 MPa 双葉測器
重錘形圧力天びん
※禁油禁水専用
PD63 ~100 MPa 長野計器
重錘型圧力天びん
圧力標準器
CA330 0~350℃ 横河電機
測温抵抗体キャリブレータ
直流電流・直流電圧
CA71
CA310
0 mADC~24 mADC 横河電機
ハンディキャル
標準器は
JCSS校正されています
0 VDC~10 VDC

校正サービスの流れ

  • ご依頼・お問い合わせ

    お問い合わせフォーム、電話、FAXなどでご希望される内容についてお知らせください。
    ※メーカー名、数量、希望納期、必要な書類の種類など

  • 内容確認・見積回答

    担当者から見積回答をさせていただきます。
    追加の質問がある場合はメール、電話、FAXでお伺いいたします。

  • 梱包・ご発送

    担当者との打ち合わせに基づき、現品を弊社へお送りください。
    近隣の場合はお持ち込み、お引き取りも対応可能です。

  • 荷受け・現品確認

    お送りいただいた機器を1台ずつ確認いたします。
    作業前に必要な確認事項がある場合は都度ご連絡させていただきます。

  • 校正作業実施・書類作成

    校正室にて作業を実施いたします。校正作業完了後書類の作成を行います。
    不具合などを発見しましたら都度ご連絡させていただきます。

  • 返送・納品

    現品と書類を併せてお客様へ返送いたします。